« 過去の私へ罵倒する言葉、そして神経症の人へ | トップページ | 神経症(ノイローゼ)のこと このコラムを読んで克服の足しにしてください »

2010年9月 7日 (火)

こんな人は神経症が悪化し、こうなれば神経症は治るという法則

直接神経症の人とは関係ないですが、ノイローゼの悩みとは無縁の人はどんな思考と行動をしているのだろうか???


のっている人・ノイローゼとは無縁の人の特徴

輝く オーラがある

のっている、生き生きしている

どんなに傷ついても平気で行動しているし、できる

異性にもてるだけの雰囲気を漂う

いつも元気だし、疲れも心地よいぐらい

目立っている、目立ちたいと思う

リスクを怖がらない、受け入れられる

自分に甘えがない、律することができる

魂からどっしり座っている

はきはきしている、自己主張ができる

挨拶がしっかりできる

てきぱき行動できる

損得勘定なしに動いている、動きつつ考える

話し上手、人を説得する力がある

悪口を言われても意に介しない

陽性、快活

自信のかたまり、自己信頼感

すべてのスピードが速い、フットワークが軽い

家でじっとしていることはない

相手の思考を読める

声がよく通る

背筋がピンとしている

プラス思考

エトセトラ

これらが乗っている人、悩まない人の行動と思考様式です
まだまだ探せばたくさんあるでしょう
これを正反対にしたら、悩みにとらわれ続けている人にぴったり当てはまります
それぐらい、いい生き方、満足できる生き方と逆のコースを歩んでいる。

でも、しょうがなくなったし、そうならざるを得ないですよね。
誰も好き好んでやっていないにしても、現実として正反対の道を歩んでしまっているという事実があります
これじゃ、いつか、巻き返せると思うこと、考えているだけではとうていできません。
ものすごいハンデを背負っているということです。
だから、「あこがれ」だけでは神経症、ノイローゼは解決できないです。


今度は、神経症にとらわれている人を書いておきます。
私を思い起こして書いたものですので、誰か特定の人をモデルとして書いているわけではありません。とはいえ、ノイローゼになる人は、考え方、行動様式がみんな似てくるものですので、けっこう当てはまる人がいるかもしれない。

マイナス思考

切り替えが遅い、割り切りが悪い

くどい、くよくよ考える

後悔の連続

のりが悪い

無気力

現実逃避

他人が目線が気になる

どう見られているか気にする

話をするのに考える、ぎこちなくなる

考えると何もできなくなる。しかしますます考える。

疲労困憊になりやすい・眠い

小細工

小ずるい

面倒くさがり

怯え/不安/恐怖/緊張

許せない、許容量がない

何でも受け身

片づけができなくなる

自己否定感、自己嫌悪感

反応が鈍い、ワンテンポ遅れる

快活さがない

姿勢も悪い、いびつになる

表情がこわばる

挙動不審

パワーがない・スピードもなくなる

表情がない・事務的

目が泳いでいる

肩がこったり、目が異様に疲れる

いつも体のどこかに意識が向いている

上を見て歩けない

妙なプライドだけは高い

理屈だけは異常に発達している

人からよく思われたい欲求が強い

100パーセント安心しても、安心できない

不平不満をすぐ言う

あの場合、この場合と何でも考える

集中力がつづかない

エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ

これじゃあ、人生が快調な状態になることももちろん、普通レベルの生き方だって難しいくらいかもしれない
ほんとうにくるしい状況です。
そして、なによりやばいのは、今この瞬間も、この状態に磨きをかけていることです。
明日から治るわけじゃないし、一年後も五年後も同じか、それ以上の磨きがかかっている可能性が高い。
いい経験がないし、悪い経験をせざるをこの状態では得るしかないですから。
好きでなったわけではないことは確か。

だから、時間との勝負はとても重要でした。
(もう一度)なりたくてなったわけじゃない!
本当にその気持ちよくわかります
私も、どれだけ悔し涙を流したことか
発狂したくなるくらい精神的に追いつめられました。

なぜ神経症が治らない、ずっとつづくのかと。
でも、こんな行動/思考様式をせざるをえないんだから仕方がないかもしれない
こうやってたくさん挙げた例はどこから産まれてきているのでしょう?
それはすべて、神経症という悩みのとらわれているから、それらが身に付いてしまう
そうだ、神経症のハンデがなければ、すべてがうまくいくんだ
では、神経症になったのはなぜか?
原因があって、色々な経験をしたから、そうならざるを得なかった。

結局、 神経症を原因を突き止めて、自分の今までの人生にリセットをかけることにいきつく。
すべて悪いのは、神経症です。
心の傷を負わせた奴らです。(そして自己解決ができなかった自分の最終的な責任でもある)

神経症解決には、自分自身をリセットし、解決しなきゃいけないことにもつながります。
徹底的な自己改革、強化しかない。
結局はそう。
今の神経症ではまっている状況がいかに、怖いことか、しっかり知ることが絶対必要だと思います。
上に上げた例は、これじゃあ、普通に生きることも今のままでは難しいか、知るきっかけになればと思います。

どう考えても、自動的に浮上する可能性なんて皆無だと思いませんか?
待っていても、時が解決しないということ。

« 過去の私へ罵倒する言葉、そして神経症の人へ | トップページ | 神経症(ノイローゼ)のこと このコラムを読んで克服の足しにしてください »

神経症克服に何が足りないのか」カテゴリの記事

コメント

自殺したい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409573/36592350

この記事へのトラックバック一覧です: こんな人は神経症が悪化し、こうなれば神経症は治るという法則:

« 過去の私へ罵倒する言葉、そして神経症の人へ | トップページ | 神経症(ノイローゼ)のこと このコラムを読んで克服の足しにしてください »

無料ブログはココログ

神経症克服唯一の方程式を解いた人たちのリンク