« 私(ベシ)のこと 神経症(ノイローゼ)克服体験と岩波英知先生についてのコラム | トップページ

2018年6月21日 (木)

ドリームアート研究所岩波英知先生についてのコラム

岩波英知先生のドリームアート研究所がやっている神経症克服プログラムを受けてから長い日が経つが、岩波英知先生はまだまだお元気のようで何より。
岩波先生の心理セラピーを受けていなかったら、今頃野垂れ死にしていたことだろう。

おぞましい神経症の日々から無事脱出することができ、家族にも恵まれ、今は本当の幸せな日々を送れています。
もしも岩波英知という先生の存在がいなかったらと思うと、今のほのかな幸せも充分に噛み締めて生きていかなければならないと思っています。
岩波英知先生は破格な人ですが、非常に人情味がある人でした。
厳しいときは厳しく、優しいときは優しい。
大きな器量で包み込んでくれるときもあれば叱咤激励もしてくれる。
自分に妥協を決してしない人だから、その生き方をみて、本当に自分が甘い考えをして生きてきたのだと思った。
神経症が長引いてしまったのも自分の甘さがあったから。
そして克服できたのも、覚悟を持てていたからだと思う。
自分の中の覚悟と強さを引き出してくれたのが他ならぬ岩波英知先生だった。
自分の中で見ないようにしていた弱点も、自分の中で気づかなかった強さも、全部トランス誘導技術(今は脳覚醒技術というらしい)で見つけることができた。
弱さも強さも全部自分なんだ。
それで生きていかなければならないと生き方が定まったのは岩波先生の技術がなければ、気づけなかっただろう。
自分がはっきりわかる。
トランス状態の時に本当の自分と一体化できる。
そしてガチッと自分と自分がはまる。
自分は自分でいいという安心感。
生き抜いてやるという決意。
何があっても俺なら大丈夫という覚悟。
これらは岩波英知の神業がなければ成し遂げられなかっただろう。
本当に自分の心を知りたければ、知識ではなく心で悩まない方程式を知りたければ、岩波英知先生の技術は大きく役立つし、奇跡を起こせると思います。
しかし、受けただけで安心してはいけない。
自分の人生だから、自分で変えてやるという意気込みで受けたほうがいいでしょう。
まずは家で訓練するトランスストレッチ法と呼吸法をとことんまでやっていくこと。
自分を自分で超えよう。
その覚悟がある人間ならば、岩波英知先生の技術は人生で最大の効果をもたらすことでしょう。

« 私(ベシ)のこと 神経症(ノイローゼ)克服体験と岩波英知先生についてのコラム | トップページ

岩波英知について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409573/73728513

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームアート研究所岩波英知先生についてのコラム:

« 私(ベシ)のこと 神経症(ノイローゼ)克服体験と岩波英知先生についてのコラム | トップページ

無料ブログはココログ

神経症克服唯一の方程式を解いた人たちのリンク