« ドリームアート研究所岩波英知先生についてのコラム | トップページ

2018年12月 7日 (金)

岩波英知先生のプログラムの効果を引き出すために必要なこと

ドリームアート(Dream Art Laboratory)の岩波英知先生のプログラムは、別格の効果が上がりますが、それに甘えては決していけない。


あっという間に効果が上がる人も多く一方で、深いトランス状態に入って、抑圧を奥から奥から解放していくことで、効果が現れる人も多い。

マイナスの処理をしてこそ、はじめて悩みの解決ができるようになるタイプの人もいる。

最初からプラスを入れ込んで良くなる人でも、トランス状態に深く入ることで、自分でも感じていなかった抑圧が出てきて驚くこともあるが、そんな人は一生悩まなくなる。


つまり、どれだけトランス状態の深淵を覗けるかが重要だ。

しかし、不思議なことに抑圧が出てくる時は苦しいと思うかもしれないが、同時に嬉しく気持ちがいいものでもある。

だから、岩波英知先生のプログラムで効果を上げる=トランス状態に深く入ること、と思って差し支えはない。
そのために効果を早く上げるためには、やるべきことがある。
それはトランス呼吸法をやってくることだ。

別にやってこなくても、誰でもトランス状態に最初から入れるし、それは他のやり方では一生到達できないトランス状態だ。

しかし、トランス呼吸法は質をぐんぐん深めてくれる。

毎回、体感の次元が100倍以上違う経験をしていく。

それに岩波先生の誘導への緊張感が少なくなる利点もある。

そして、トランスに入ってしまえば、意識が究極に変容した状態で、抑圧の解放処理、トラウマ破壊、執着や囚われの除去、プラス暗示の入れ込み、悟り的気づきにいたり、さらに脳が覚醒してくれる。

悩み解決だけではなく、瞑想を覚醒させたい、潜在意識を覚醒させたい、能力をフルに発揮したい人、大舞台で普段以上の力を出したい人などが、プログラムを受けている。

そのいずれも、深い深いトランスに入ることができ、目覚めたあとの余韻の質の深さと長さが重要なポイントになってくる。

余韻に浸ることができた人ほど、コンディションがあがっていく。

自分の力では不可能な自分を変えるスイッチが入ってくれる。

だから、トランス呼吸法をしっかりやりこんでくること。

最低1時間以上はやったほうがいい。

世界に一つしかない貴重な脳覚醒誘導技術だから、その潜在能力を期待以上に引き出すのは、こちら側のトランス呼吸法の意識が必要になる。

トランス呼吸法のやり方をまとめているサイトはこちら


« ドリームアート研究所岩波英知先生についてのコラム | トップページ

岩波英知について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409573/74728561

この記事へのトラックバック一覧です: 岩波英知先生のプログラムの効果を引き出すために必要なこと:

« ドリームアート研究所岩波英知先生についてのコラム | トップページ

無料ブログはココログ

神経症克服唯一の方程式を解いた人たちのリンク